脇汗とワキガ

ワキガとは?その原因と対処法について

人と会う時に、自分自身のニオイが気になるという人は多いです。特に脇から強いニオイを発するワキガは、とても悩ましいものと言えます。ワキガで悩んでいる人、また自分はもしかしたらワキガかも?と悩んでいる人は、ワキガの原因や対処法について知りましょう。

そもそもワキガとは何でしょう。これはワキの下で発生するニオイのことを言います。ワキの下(ガ)で発生するものなのでワキガと言われるようになりました。医学的にはアポクリン臭汗症や腋臭症と言います。この症状をそのまま放置していたらニオイがきつくなるとか、体調が悪くなるようなことはありません。

外国人はワキガが多いと聞いたことはないでしょうか。日本人が全体の10%から20%なのに対し、黒人では100%、欧米人なら70%から90%、中国人は3%から5%です。黒人や欧米人はほぼ全員なのでニオイを気にする人はまずいません。人間の体にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺という汗を分泌する汗腺があります。このうち、アポクリン汗腺からの汗がワキガの原因になると言われています。欧米人は昔から肉食を中心にしていたので、アポクリン汗腺が活発に働く傾向にあるといわれています。日本人や中国人は魚や野菜をたくさん食べるので、アポクリン汗腺が欧米人に比べると退化していると言われています。そのため、日本人や中国人は比較的体臭が少ないのです。

ワキガのニオイは独特です。酸っぱいニオイ、生乾きの古い雑巾のニオイ、何かのスパイスのようなニオイを感じる人が多いです。運動後にある汗臭さとはまた違うニオイで、どちらかというと不快に感じるニオイです。ひとつのニオイに統一されないのは、脇から出る汗に含まれる老廃物や皮脂に原因があります。皮脂が、皮膚常在菌に分解された時にできる悪臭物質に含まれるものの種類や量によってニオイが変わると考えられます。皮膚常在菌の種類は数が多いため、雑菌の組み合わせや汗の量によってニオイに差が生じるのです。皮膚常在菌とは、黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌、アクネ桿菌などで、誰の体にも存在します。通常、これらは存在するだけなら体に何の害も及ぼしません。しかし、これらが汗や体温によって繁殖しやすい環境が整うと、悪臭物質を発するようになります。簡単な対処法は、ワキ毛は処理しておくこと、こまめに汗は拭きとること、制汗剤を使って汗を抑えるようにすることが挙げられます。また、殺菌剤で菌の繁殖を抑えることも大切です。

コメントを残す