セルフチェックとケア

自分はワキガかも?セルフチェックとケア方法

何となく自分のワキが臭うような気がする、もしかしたらワキガかもしれないと不安を感じている人は、まずセルフチェックをしてみましょう。自分のニオイに心配しているのならすぐチェックをしてみると良いでしょう。

セルフチェック項目
1.衣類の脇の部分が黄ばんでいる。

通常、汗の色は透明です。これはエクリン汗腺から出ている汗で、運動や入浴時に出るサラサラした汗です。エクリン汗腺から出る汗は99%が水分なので、嫌なニオイはしません。一方、アポクリン汗腺から出る汗は、たんぱく質や脂肪を含んだベタベタした汗です。含まれた皮脂に雑菌が繁殖してニオイを発します。ヒトはエクリン汗腺とアポクリン汗腺を持っています。エクリン汗腺は全身の表面にあり、アポクリン汗腺はワキの下や性器の周辺に集中しています。アポクリン汗腺から出る汗には、たんぱく質や脂肪、アンモニアなどの物質が含まれているので、乾くと黄ばんでしまうのです。衣類の脇の部分が黄ばみやすい人はワキガの可能性があります。

2.脇に挟んだタオルやティッシュが臭う

脇にタオルやティッシュを5分くらい挟んでみてください。5分経過したのちに、そのタオルやティッシュのニオイをチェックしてみましょう。硫黄のようなニオイや酸っぱいニオイといった、イヤなニオイがあれば、ワキガの可能性があります。

3.耳垢が湿っている

耳の中にはアポクリン汗腺がわずかながらあります。通常耳の中は汗をかきませんが、耳垢がいつも湿っている人は、耳の中アポクリン汗腺から、汗が出ている可能性があります。

4.高脂肪、高カロリーの食べ物を好む

高脂肪や高カロリーのものを好んで食べていると、脂肪が蓄積されやすくなります。アポクリン汗腺から分泌された汗に脂肪分が含まれるようになり、ワキガ体質に傾きます。

5.両親がワキガである、周囲の人からニオイを指摘された

ワキガは遺伝するとも言われています。両親がワキガである場合、その子どももワキガの可能性があります。また、親しい人などからワキガのニオイがすることを指摘されたことがあるなら、その可能性は高いです。

ワキガは体質や生活習慣が大いに関係します。家系がワキガ体質ではないか、生活習慣は乱れていないかなど、チェックしてみましょう。汗をかきやすい体質なら常に清潔を心がけるとか、規則正しい生活を送り、高脂肪、高カロリーの食事は控えるようにするなど、自身でできることをしていきましょう。

コメントを残す