子供のワキガ

子どものワキガはどんな対処をすれば良い?

子どもにもワキガの症状は少なからずみられます。ワキガの体質は遺伝する可能性が高いと言われていて、両親のどちらかがワキガだったら約50%、両親ともにワキガだったら約8割の確率で遺伝するとされています。子どものワキガに気づくのは、小学校高学年頃に始まる「第二次性徴」のころです。子ども自身も対人関係が複雑になり、自分の容姿に気になるころと重なります。第二次性徴の頃は男性ホルモン、女性ホルモンが急激に増えます。ホルモンバランスが大きく変化することでアポクリン汗腺が活性化し、ベタベタした汗がたくさん出るようになるのでワキガにつながりやすくなります。

子どもがワキガかどうかは、大人のワキガチェックと同じです。シャツの脇の下部分が黄ばんでいる、耳垢が湿っている、足のニオイが強い、緊張したり興奮したりすると汗をたくさんかく、というようなことがあればワキガを疑います。子ども自身が自分のニオイに気づき、気にしている様子が見られるとか、学校で誰かからニオイを指摘されたということがあれば、親がまず対処方法を教えてあげるとよいでしょう。

ニオイを抑える方法として、市販の制汗剤などを使って汗を出にくくしたり、デオドラント製品の使用が一般的です。また漬物に使われるミョウバンを溶かした水でワキの下を拭くと、汗とニオイを防ぐ効果があると言われています。最近は市販のデオドラント製品でもニオイ菌を抑える効果が高いものが増えてきました。スプレータイプのものや腋に直接塗るクリームタイプ、手を汚さずに塗れるロールオンタイプなど、種類は豊富です。昔のものとは違い、効果が長く続くものも出ています。

これらを試してもあまり良い効果が見られない場合は、通院治療を検討します。まず、ワキガ治療を得意としているクリニックを探し、受診します。ワキガや多汗症の治療は形成外科や美容皮膚科で行われているので、情報を探してみましょう。子どもの場合、治療しても再発するケースがあるのですが、成長過程が原因で治療時期がちょっとずれていたために起こることです。第二次性徴を過ぎ、青年期に入ったころが治療のタイミングです。子どものワキガの治療を得意としているところを見つけ、治療することをお勧めします。完治には手術療法が勧められます。

しかし、子どもにワキガの手術を受けさせるのはちょっと不安だという親御さんも多いでしょう。できれば家でできる方法でワキガの悩みから解放してあげたいものです。まずはデオドラント製品を正しく使うように教えてあげて、試してみるところから始めましょう。

コメントを残す